6月10日過ぎから、全体が黄雲(砂嵐)でおおわれ火星特有の模様がわからなくなってしまいました。

7月20日ようやく収まってきたのか模様がかすかに見えるようになりました。

7月31日に大接近(衝)をむかえた火星

8月22日、ようやく表面の模様がくっきり見えるようになりました。