ネオワイズ彗星(C/2020 F3 / NEOWISE)を撮影しました。

コロナ禍の中,久しぶりの肉眼彗星が現われたという明るいニュースを,例年にましてひどい梅雨空が塞いでくれていたここ数週間,ようやく7月19日,東京周辺などでも夕刻に晴れそうな予報となって,これを逃したらと思い,昼過ぎの予報をもとに茨城の太平洋岸まで遠征してみました。

シグマ85mmで16枚ほどの画像をコンポジットし,画像処理をかけました。

GPVやウインディーなどの晴れ間予想を見て,行ったこともなかったところですが,グーグルのストリートビューで,鹿島灘海浜公園という場所を見つけ出かけました。日曜日なので首都高の渋滞もなく家から2時間ほどで到着すると,同業者が2名ほどおられました。

FujifilemX-E1キットレンズ55mmによる画像。イオンテールがかろうじて写りました。

世紀の大彗星,とまでは言えないですが,高校生の頃に見たコホーテク彗星のようなイメージです。デジカメ時代なので,8月頃まで楽しめそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください