木星,土星,火星を今期初めて撮影しました。

6月9日の明け方,1時~3時にかけて木星,土星,火星を撮影できました。一昨年の火星大接近であつらえた口径20cmのシュミットカセグレン望遠鏡(動画で撮影して,ウェーブレット処理しました。)で昨年はあまり良い条件がなく,今年は10月に再び火星が衝を迎え,観測好機になります。5月くらいまでは上空のジェット気流が居座っていましたが,梅雨前に,太平洋高気圧が張り出すような夏型の気流状態になって,シーイングが良好でした。木星は大赤斑も見えていて,何とか見応えがあると思います。土星や,火星はこれからです。火星も2年前より北の極冠がはっきり見えています。またしばらく梅雨入りで,撮影チャンスは7月おわりごろと予想しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください