地学教材に「惑星カメラを利用した流星(火球)観測のための動体検知プログラム」を追加しました。

超高感度の動画カメラを利用してキャプチャー画像から流星を検出するプログラムを,pythonのOpneCVモジュールを利用して作りました。      → こちらから

1月9日の明け方に出現した火球。

1月5日の未明に撮影したしぶんぎ座流星群(中央下)。他の3つは散在流星。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください