ふたご座流星群の流星を撮影しました。

2020年12月13日,日曜日の夜から翌朝にかけてふたご座流星群出現の極大を向かえました。今年は月もなく条件が良い,といっても翌日が月曜日なので,空の暗い場所に遠征することはできず,自宅から動画撮影で流星を撮りました。1日前の土曜日の夜にも家の前の駐車場で放置撮影してみたのですが,レンズに露がおりて(結露して)失敗に終わりました。13日はベランダから晴れていた8時台から10時過ぎまで撮影(下の写真)しました。夜半にも起きてみたら晴れていたので動画を回したのですが,明るい流星(しかも経路が短い)は2~3個しか写りませんでした。例によって,動画を動体検知ソフトにかけて,流星の写ったフレームだけをクリップして比較明合成したものです。

11時過ぎには曇る予報だったですし,翌日仕事なので眠ったのですが,2時頃目が覚めたのでベランダに出てみると晴れていました。4時過ぎまでキャプチャーをセットしてまた寝ました。普段のふたご座群の極大なら,5,6分空をみていれば一個くらいは見られる感じだと思うのですが,今年は1っこも見ないで写真(動画)に撮ったという結果になりました。2時10分頃から3時50分まで,4つほどしか写りませんでした(次の写真)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください