ケプラー運動(楕円軌道)をPythonのアニメーションで表示してみました。

日本書紀や古事記がどこまで本当かという問題に興味をもって,いろんな説を読んでみますが,間違いないのは飛鳥時代の終わり,天武・持統帝の時代にそれらが書かれたということ。そして,その頃のハレー彗星などの天文現象が書かれているということが,また興味深く,星座早見プログラムにハレー彗星も表示しようかと思って,斉藤国治さんの「古天文学」見直していたら,楕円軌道の計算をちゃんと理解したいと思いはじめ,pythonで表示してみることにしました。ソースコードや説明(自分でも完全に理解できているとは言いがたい)は,地学教材→こちら を参照してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください