ピンホール式プラネタリウムを作るワークショップを行いました。

学校の学園祭などでも良く作られるピンホール式のプラネタリウムの簡易版をつくる実験工作を,毎年行っている地元の夏休み体験教室で行いました。「宇宙かふぇ」さん作成のこのミニプラネタリウムの型紙は,こちらにアップロードしています。これを,A3サイズで色ケント紙にコピーしました。光源は百均で適当なLEDのものを物色したのですが,昔ながらの2.5Vの豆電球の輝度の方が適当だと判断し,モノタロウでソケットや電池ボックスもそろえました。

穴明けには,円を描くコンパスの針が良いと思って,用意するものに指定したのですが,最近の文房具は,変に安全志向で大きな穴になるような針になっていることに気付きました。のりしろで組み立てることや折り目をつける作り方など,体験学習にもなっていると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください