1月31日の皆既月食

天文現象として、1年に1回くらいの割合で(世界的にはふつう2回)月食が起こります。今回は、時間帯もよく晴れやすい季節で、条件の良い皆既月食でしたが、天気予報(GPV)では、曇ってしまう予報がでていたのでなかばあきらめていた人も多かったみたいでした。ところが予想に反して(予報が外れて)関東地方は良く晴れ、多くの方がご覧になったようです。夕方の様子でも、うす曇りかもしれないと思いつつ、近くの空き地に望遠鏡をセットしたら、良く晴れていてすでに半影食が始まっていました。あたふたしながら撮影しましたが、天体を追尾する赤道儀のセットも十分ではなく、露出なども今いちの出来でした。それでもフォトショップなどを駆使して、なんとか動画にしてみました。

皆既までは1分間隔、皆既中は3分間隔で撮影した100枚ほどを、1コマ0.16秒でつなげたものです。
皆既の長い月食でした。皆既が終わってしばらくすると、雲が広がって見えなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です