天体写真にM33(さんかく座の銀河)などを追加しました。

台風豪雨も含めて天候不順がつづき,被災された方々の生活の再建へのご苦労をお見舞いしたいと思いますが,ようやく天体写真が撮影できる晴れ間が訪れた10月26日(2019年)の写真をいくつか追加しました。いつもの八ヶ岳で星見の行き帰りには,北杜市の考古資料館の企画展(黒き星のかけら)も見学してきました。天体写真のページは →こちらから

石器時代の黒曜石は,石器の原料として重宝されたのだと思いますが,その産地が科学的に特定できるため当時の流通から交通や交易がすでに盛んだったことを示しめしていて興味深いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください