宇宙背景放射の温度ゆらぎの図(WMAP)を球体にしてみました。

現在のビッグバン宇宙論で,その直後のようすを示す宇宙マイクロ波背景放射(CMB)の画像を,立体的に球面で示してみようと,簡単に言えば世界地図を地球儀にするのと同じことをやってみました。

WMAPによるCMB

宇宙は,5%の物質(星や銀河)と26%のダークマター,72%のダークエネルギーからなると言われる根拠がこの画像という話は他の本などにゆずりますが,この全天図(モルワイデ図法)を地球儀のようにしたものが,最近の日経サイエンスで「三体」の特集で解説されている須藤靖先生(宇宙論)の写真に出ていたのでほしくなりました。表面が破れた直径30cmの地球儀(プラスチック製)があったので,いろいろネット上で探してみると,正距円筒図法の地図を地球儀の舟形の形に変換してくれるサイトとNASAのlambdaというページにWMAPのメルカトル図法のものがダウンロードできるサイトにたどり着き,学校のポスターサイズのインクジェットプリンターで,サイズを合わせ半日ほどで作ってみました。実際には表面がシワだらけになっていますが,遠目には十分(そもそも温度揺らぎのまだら模様なので)かと思います。直径10cmくらいなら家庭用のプリンターでもできるので,試してみてはいかがでしょうか。舟形の画像を,地学教材に→ こちら に載せておきます。

直径30cmになると,A1サイズにプリントアウトしないとできない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

前の記事

南伊豆1泊旅行

次の記事

SF小説「三体」