浮力と言えばアルキメデスの原理とも言われる、水の中の物体が水から受ける力のことですが、世界最初に発見された物理法則とも言われます。地学分野では地殻がマントルに浮いているようにふるまうアイソスタシーの説明や、大気の運動を気圧として考えるときの静水圧平衡として出てくる概念です。

アルキメデスの原理に使っているスライド(アニメーションで分かりやすくしたつもり)と演示実験を載せます。

浮力の原理とアイソスタシーの説明用パワーポイントファイル

アイソスタシー

 

 

実験動画