透明な薄いプラスチック製の弁当パックのフタ(トレイ)をつかって,簡単に立体地形模型をつくれます。震源分布立体模型と同じ福助工業のTR-103Fという製品を使いました。400枚で6000円程度です。

複雑なタイプでは尾瀬ヶ原を、単純な模型では富士山の等高線を、フタの大きさに合わせて教材にしました。

WordファイルをDLできます。  尾瀬ヶ原3Dmapデータ    富士山3Dmapデータ

動画は2015年度の発見工房クリエイト おもしろ科学実験教室で行った様子です。