ぎょしゃ座の五角形の中にある散光星雲で,日本では勾玉星雲と名付けていますが,英語ではFlaming star nebula(燃え上がる星-星雲)となっています。中心付近の6等星はぎょしゃ座AE星で,固有運動が大きく,ランナウェイスター(逃走星)と言われ,オリオン座にある連星系同士の衝突ではじき出されてここを通過中だそうで,星雲を青く光らせているのが美しいアクセントになっています。

2020年暮れにさらに機材を購入しました。AskarACL200という天体専用に設計された焦点距離200㎜の望遠レンズで,いままでより広い範囲が撮れるので勾玉星雲と隣のI405 も入れて見ましたが,CMOSカメラでは,テスト撮影でこの淡い星雲の輪郭はわからず構図が失敗でした。さらに北側にも星団などが煌めいているのですが,画像の半分が使われずじまいです。でも,5分20枚(1時間40分)で星雲自体は意外によく撮れていると思います。

2021年1月13日 21:58~ AskarACL200(200mmF4) ASI2600MCPro
gain0 -20℃ 5min×20 ASIAIRでガイド EQ5赤道儀
朝霧アリーナ駐車場

画像処理で,星が多くてうるさく感じる(このぎょしゃ座のような天の川のなかなど)ときに,星を小さくする方法がいくつかありますが,最近「たのしい天体観測」さんのブログで紹介されて話題になっている方法を試してみました。確かに簡単で劇的に変わりました(2021年2月1日)。

Pixinsightのスクリプト,EZ Star Reductionで星を目立たなく処理

次は,ASI533MCProと13㎝反射(焦点距離588㎜)による中心部をクローズアップした画像で,画像処理で星雲のマスクのかけ方を試してみました。下のがオリジナル,上がマスクをかけて星雲を強調し,星の大きさを小さめに処理(星マスクとMFで)してみたものです(2020年11月23日)。

IC405画像処理で星雲を強調
2020/10/20 23:59~ BKP130 D:130mm fl:588mm ASI533MCPro gain100 -10℃
 180秒×20 総露出60分 IDAS HEUIB-II
静岡県富士宮市西臼塚駐車場