BKP130(13cmニュートン反射)とCMOSカメラ(ASI533MC)でようやく撮影できたので,以前のものと比較してみてください。やはりHEUIB-Ⅱフィルターで,M82のジェットや,M81の星形成領域(赤ポチ)がよくでました。露出時間は5分20枚(1時間40分)です。

BKP130(fl588㎜)ASI533MCPro,Gain100,-10℃
5分20枚,HEUIB-Ⅱフィルター
iOptronGEM28赤道儀,ASIAIRでガイド撮影
2022年2月3日,山梨県河口湖町にて

2019年12月,撮影機材を75mmの屈折望遠鏡から,口径13cmの反射望遠鏡に変えました。その2回目の遠征で撮影したのが次の画像です。M82 は爆発銀河と呼ばれていて,そのガスが赤く上下に吹き出す様子が特徴ですが,HEUIB-Ⅱフィルターの効果が良く出て見えるようになりました。M81の渦の腕の具合も口径が大きい分はっきりしたようです。

HEUIB-Ⅱフィルター使用

おおぐま座の系外星雲(銀河)M81とM82
銀河のなかで,最も有名なM31 の次に大きく明るいのがたぶんこのM81(右)とM82(左)だと思います。M33も大きいのですが,天体写真として写りが良いのはこちらだと思います。口径75㎜ではこのくらいが限界ですが,拡大して撮影してみました。2018年1月13日